スロージューサーを購入しようとしてるけど・・・

メリットは大方理解したけど、デメリットはどうなの・・???

今回は、スロージューサーのデメリットをまとめ8つに集約しました。

重要度の高い順に紹介していきます。

価格が高い

最大のデメリットと言えるのが価格面です。

スロージューサーを検討する上で、まず驚くのが「価格の高さ」ではないでしょうか??

エントリーモデルでも3万円程度のお値段。ジューサーやミキサーと比較すると、かなり強気の値段と思いませんか??

なぜ高いか?

  • 皮ごと搾る機能は高い技術力が必要だから。

現に、中国メーカー製のスロージューサーは市場にありませんよね??高度な技術力を要すが故のお値段の高さ。

正直、価格面のデメリットさえ受け入れられるのであれば、以降に記載するデメリットは些細なモノだと思います。

材料費が意外と掛かる

意外と材料費が掛かります。

素材の水分のみを抽出するので、実際にジュースとなる量が思いのほか少ないのですよね。

目安を述べると、にんじん大2本で200~250mlの搾汁量です。

食材全てを液状にするミキサーで作ったスムージーと比べると、やはり量は少ないです。

搾りかすの使い道に困る

スロージューサーは、素材を「水分」+「搾りかす」に分離します。

搾りかすは、想定よりもかなり多く出ます!

そのまま食べるのは、味が無く、文字通り繊維質なのでアレンジします。

>>スロージューサーの搾りかすレシピ

食物繊維が(ほとんど)摂取できない

搾りかすの方に、ほとんど全ての食物繊維を取られてしまいます。

搾汁したジュースは、さらっとした飲み口になるのはメリットなのですが、食物繊維が摂取できないのはデメリット。

なので、お通じ改善の為にスロージューサーを使ったコールドプレスジュースを飲もうという方は、ちょっとイマイチかもしれません。

お手入れの手間が掛かる

スロージューサーは、ミキサーやジューサーと比較すると部品点数が多いです。

なので、使用後の洗い物の手間が掛かるというのがデメリットの1つです。

ただ、細かく分解できるということは、隙間のカスなどもきちんと洗浄できるので、綺麗好きの方には逆にメリットとなるかもしれません。

クビンスやヒューロムのスロージューサーであれば、洗いやすい工夫がなされているので参考になさってください。

>>洗いやすいスロージューサー

搾れない食材がある

搾れない食材や、搾れなくはないが工夫が必要な食材があることも1つのデメリットかと思います。

  • バナナ、アボカドなど
  • 山芋、納豆など
  • 氷、冷凍フルーツなど

バナナやアボカド

これらを搾る際に工夫が必要です。コツは

  • ①水分と交互に入れる
  • ②ラストに入れる

水分(水や牛乳など)と交互にバナナ・アボカドを入れるとうまくいきます。

また、ミックスジュースを作る場合は、バナナやアボカドは最後に投入するようにします。

>>バナナのレシピへ

山芋、納豆など

粘り気が強い食材は、スロージューサーが最も苦手とする食材。これらは搾れません・・・!

氷、冷凍フルーツなど

通常のストレーナーでは搾れません。

専用の「フローズンストレーナー」を購入することで冷凍食材を搾ることができるようになります。

(※フローズンストレーナーのラインナップが無い製品もあるので注意!)

搾汁に時間が掛かる

ミキサーと比較すると、ジュースが完成するまでの時間は長いです。

搾汁の際、手間が掛かるポイントは

  • 素材カット&投入
  • 搾汁している時間

上記のように、投入口が大きいスロージューサーであれば、細かく食材をカットする手間が省けます。

搾汁時間に関しては、ミキサーよりは長い。といっても、にんじん2本で1分半程度です。

よほど急いている・せっかちな人以外は大きなデメリットにはならないと思います。

本体が大きい

実際に届くとビックリするかも。大きくて結構重いです。

台所やリビングで固定し使用する分には、大きな問題とはなりませんが、頻繁に移動して使用するのであれば1つのデメリットとなるかと思います。